読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジトのネジロ

大阪府岬町で海を目の前にカフェやってます

遠くへ行きたい 〜日本海旅情編 その1〜

しらない街を歩いてみーたーい
どこか遠くへ行きーたーい


とーおーいーまちーぃぃ! ( ←うらごえ )




日本海に行きました。



今年は正月休みが長く、毎日家にいると結局
BIGスリーのゴルフを見たり、マチャアキのかくし芸を見たり、
アイドル対抗騎馬合戦( ポロリもあるよ )を見ながら
おかきを食べて何となく過ぎてしまうのがオチなので、無理やり出かけました。




正月の土日に関わらず、間人ガニ・地蟹・舟盛りまでついて
1泊2食16,800円という破格のプランを見つけたので行ってきました。



そういえば2年前のお正月にもカニ旅行の話を書きました。
お前は何や。正月といえばカニか。お前はホンマに・・・・アレか!
                      ( ↑ いい例えが思い浮かばない )




日本海日本海でも、行ってきたのは京丹後方面です。
大阪の最南端岬町からでも、昼食を挟んで4時間もあれば十分行ける距離です。




とは言っても、京都縦貫道に入り北へ進むにつれ雪景色が広がりました。




上に写っているのは車のミラー。心霊写真ではありません。



さすが北国。




北国で思い出しました。
昔、大阪―新潟間を運行していた夜行列車「 急行きたぐに 」に乗った際
夜に大阪を出発し、座席( 寝台ではない。向かい合わせの座席 )に横になり
寝袋をかぶって寝ていたところ
朝、目が覚めると予想外にその列車は通勤列車になっていました。



スーツ姿のサラリーマンやOLさんが、通勤列車内で寝袋をかぶって寝ている私を
冷ややかな目で見下ろしていました。



世間一般で言う、「 気まずい 」とはこのことかと知った夏の日でした。



余談ですが、その日の夜は何故か男鹿半島でスナックに行きました。





雪景色の話に戻ります。




ちょっとテンション上がって、コアジトと雪遊びなどしてしまいました。






気づくと彼が撒き散らした大量の雪が私のブーツの中に見事に入り
防寒のためにブーツを履いてきたはずが、足に極寒を感じました。




その後、ひえひえの足を抱えた私は、早めに宿に入り
温泉で温まり、カニを堪能いたしました。




なぜか生きているカニの写真。



安いプランで申し訳ないと思うほどカニわんさかで
食べきれない姿ボイルは( ひとり1杯 )ありがたくお持ち帰りいたしました。



記事が長くなってしまったので次回へ続く。




CAFE´azito



参加してます。 長くなったのは無駄話のせいじゃないかと気づいたアナタ。
        鋭いですよ。今年は冴えてますよ。そろそろニュータイプですよ。



にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ