アジトのネジロ

大阪府岬町で海を目の前にカフェやってます

神をはしご

一昨日は1年で一番昼の長い日、夏至



私は知らなかったのですが、夏至は浄化の日とも言われているそうで
身体に積もった穢れを祓うのに適しているそうです。


そういや夏越しの大祓の儀式や茅の輪くぐりもこの時期です。




道理でこのところ、身体が重い疲れが取れんと思っていました。
そろそろアリナミンかと思っていました。



しかしそれは身体の穢れだったのです。



決して年齢のせいではなかったのです。




とすると、最近脂身の多い霜降り牛肉を食べると
決まって翌日お腹の調子が悪いのも、きっと穢れのせいです。



年齢的に脂の処理が追っついていない訳ではなかったのです。




毛穴の開きも、なんだか以前より肌がべたつくのも
すべて穢れのせいですきっとそうです。





という訳で
穢れのウォシュレットに行ってきました。 ( ← 表現 )


細かい振動の水流で、こびりついた穢れもサッパリスッキリ。






行って来たのはこちら。


攝津国の一宮。







すみよっさん。








お正月以外に詣るのは初めてです。







広い境内を参拝して周り、ちょっとはずれにある「 おもかる石 」に。








石を一度持ってみて、その後その石に願いを念じ、もう一度持ってみる。
その時、1回目より軽く感じたら願いは叶う。
重く感じたら願いは叶わない。





結構な重さの石をまず持ち上げて、念を注入。




2回目の持ち上げで…






重!!!!






なんやねんこれ、さっきより異常に重たいやないかどーなっとんねん。





願い叶わず。





しかしあぶないところでした。
一応願いが叶わなかった時のため保険で、究極の願いはかけなかったのが幸いしました。



幸せな人生が送れますように



とか願って、あの重さが来たら笑えません。




にしても、なんだかしこりが残るぞおもかる石。
とりあえず全部軽くなる仕掛けでもしておいてくれよおもかる石。







そうして住吉大社を満喫した後は、
和泉国一宮、大鳥大社へ。




みなさん知らないかもしれませんが、岬町も一応和泉国です。
和歌山ではありません。 
車のナンバーだって和泉です。




ギリ和泉の私にとっての一宮。
つまり神様的に和泉支社長にご挨拶です。




まず先に隣の国の住吉支社長に挨拶したのは
とりあえず内密にしとく感じで行きました。




人生初の大鳥大社









きらびやかさはない物の、荘厳な感じでとても素敵な神社でした。




和泉支社長に、色々とお願いしておきました。



大鳥大社にはおもかる石のような○×ゲーム的なものがなかったので
きっと願いはかなう事でしょう。





疲れの貯まるこの時季
皆様もよければ穢れのウォシュレット、いかがでしょう。


神頼み、なかなか楽しいですよ。




CAFE´azito



自分へお土産。









塩は料理につかってもいいらしい。

広告を非表示にする