読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジトのネジロ

大阪府岬町で海を目の前にカフェやってます

検証!グリーンコーナー

先日カフェでBBQパーティーを開いたときのことです。


生粋の岬町っ子である、常連のお客様ミサキさんと近所のゴリお兄ちゃんが
グリーンコーナーなるものについて非常に盛り上がって話をしていました。




話を聞いてみますと



グリーンソフトというソフトクリームを売っているのがグリーンコーナーらしいのですが
話はそれだけにとどまらず、謎の「 テンカケラーメン 」なるものに引き続き
ラーメンがグリーンソフトと夢のコラボレーションを果たした
「 グリテンセット 」というキーワードまでもが飛び出しました。



しかも、そのキーワードたちは彼らにとって



グリテンはきっと奪うでも与えるでもなくて
気がつけばそこにあるもの



というほどの確固たる存在であるらしいのです。





彼らをそこまで駆り立てるグリーンコーナーとは一体なんなのか。
その謎を解き明かすべく、私azito 和歌山へと向かいました。



とりあえずナビで「 グリーンコーナー 」と入力すると意外な結果。
和歌山県内グリーンコーナー多数存在。
グリーン勢力、大きく版図を広げている模様。




築地橋店というところにナビ設定しました。





道路わきに見えたのは



緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台
鐘が鳴りますキンコンカン メーメー子山羊もないてます





間違えた。


黄色い壁に緑の屋根。 これが噂のグリーンコーナー。







駐車場には









ゲームセンターを彷彿とさせるロゴおよびマスコットキャラクターらしきアヒル。





店内は高速のPA( SAではない )のような造りで
「 グリーンソフト 」は抹茶味のソフトクリーム。
「 テンカケラーメン 」とは天かすの乗った「天かけラーメン」であることが判明。



昼の食事は済ませてきたので、王道グリーンソフトを注文しました。









昨今の「 濃厚 」「 濃い味 」「 パウダー2倍 」などの濃厚路線に一石を投じる
やや抹茶味。





「 どないでっか! 抹茶だっせ! 緑でっせ! ほろ苦でっせ! カテキンパワー!! 」



と、前面にガツガツ来るタイプより





「 斜め後からちょっと失礼します。 抹茶です・・・。 いえ気ぃ使わんとって下さい 」



という、これぐらいの控えめ抹茶味が個人的には好きです。



コーンの中までみっちりアイスで、とても美味しかったです。




お店は、平日の昼3時という時間でしたが
食事をしている人や、お茶をしている人などで賑わっておりました。




グリーンコーナーを訪れた記念に


先ほどのアヒル、その名をグリンちゃんという。


のステッカーを買いました。




早速azito カー( ←バットカーみたいに言った )の、後方に装着しました。







赤いクラシックカーとアヒル、そして・・・海。 詩的表現。




こうしてグリーンコーナーを検証する旅は
大いなる成果を得て、終わりを告げたのであった。



和歌山県民にとっては何を今更な話なのかも知れませんが
グリーンコーナーを知らない皆様。



和歌山に行かれた際に、ちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。









死んだ魚のような目をしたグリンちゃんが、アナタを待っていてくれることでしょう。




ふざけた内容でしたが、アイスは美味しく、ラーメンもかなりそそられました。
なによりお値段お手ごろ価格。



また会おうじゃないか、グリーンコーナー。



CAFE´azito


参加してます。アイスといえばホームランバーですか。カプリソーネですか。


にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ