読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジトのネジロ

大阪府岬町で海を目の前にカフェやってます

ラーメンのお汁を残せない貴方へ

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
10月よりCAFE´azito の営業形態が変わります。
詳しくは こちら をご覧下さい。
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・




いつも、どーでもいい話ばかりですが


今日は特にどーでもいい話です。





あなた。


ラーメンのお汁、全部飲み干していませんか。






またはあなたの旦那さん。


どんだけ言うてもお汁を全部飲んじゃうのよ、ではありませんか。





塩分、むくみ、高血圧、動脈硬化脳卒中


オトメの悩みは尽きないものです。




ならラーメン食べなきゃええやん、という話ではありません。
ラーメンは食べたい。
そういうもんです。




そんなラーメンのお汁問題。
解決法、わたし知ってます。



< 解決法1 >

どんぶりにラーメンを注ぐときに、お汁を全部入れない。




誰しも、どんぶりに入った目の前にあるおいしいお汁を残すのは
相当の精神力が要るものです。


だったら、最初から入れない。


どんぶりに注ぐ時点で、なべに残しておく。 そしてすぐ捨てる。


スープを多少減らしても、旦那さんはほぼ気付きません。
なんやったら、野菜かなんかでカサ増ししておいてください。




< 解決法2 >

粉末( 液体 )スープを全量入れない。


市販のラーメンの味は結構濃く作ってあるうえに
麺にも味が既についています。


私の経験上、3/4程度のスープ量でもあまり味は変わりません。


最初からスープを減らしておくことで、塩分量を減らすのです。




これで

奥様はヤイヤイ言うストレスから解放され
旦那さんは飲みたいスープを残すストレスから開放されます。


日曜のお昼の家庭は円満です。


そのあと皆で楽しく「たけしのスーパージョッキー 」を見ることが出来るでしょう。




さらに塩分をひかえたいあなたは
上述の技をダブル使いすると尚良いでしょう。





いかがでしたか本日のアジトのネジロ。
あなたの生活に役立つ情報満載。


オレンジページ家庭画報かアジトのネジロ。



次回もどーでもいい内容いっぱいでお送りいたします。



CAFE´azito


参加してます。 日曜昼のルパン三世を見てからポチってね。


にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ