アジトのネジロ

大阪府岬町で海を目の前にカフェやってます

九州の旅 その弐

博多に来て、食べ逃してはいけないもの。

明太子、高菜、とんこつラーメン、水炊き、もつ鍋。


夕方には宮崎都城に行かなければならないので、「昼もつ」にしけこもうと
店を検索しましたが、昼からもつ鍋を食べられる店は少なく、
博多駅の駅ビル内にあるもつ鍋屋に行くことにしました。



味噌ベースのオススメを振り切って醤油ベース


おおー。
この輝かんばかりの麗しき鍋よ。
また危なく写真を撮るのも忘れて、がっつくところでした。


〆のちゃんぽん麺までキレイに頂きました。




そして宮崎県都城市へ。


azito の来訪に山の神も歓迎の意を示しているようです。



そういえば、もつ鍋屋で店員にazito のビール瓶を倒され
向いに座っていた友人のジャケットがビールテイストになりました。
きっと店員の彼は山の神の使いだったのでしょう。
熱烈な歓迎ぶりに恐れ入ります。はい。



不謹慎な話はさておき、ニュースで見て知ってはいましたが都城市の道路は




土嚢袋の中身は全部火山灰。


火山灰で大変なことになっていました。
早く噴火が収束することを祈るばかりです。



都城市の友人ヘイムー宅では、
宮崎の味覚がこれでもか、どうだギブか、ロープか、タオルか、
と言うほど並べられ、向こう3年分ほどの贅沢をさせていただきました。


あのご馳走に、azito のこのお土産。



西安名物 インスタント牛肉パオモー


釣り合わなさすぎる感、ムンムン。


いやいや、これは日本では売ってないのであって
azito があるルートを使って手に入れたものであって
インスタントと言えども「 天下第一碗 」とか書いてあるし
まぁ確かに値段は中国現地ならではのお手ごろ価格ではあったけれども
形では愛の深さは測れない、とまりやさんも言っておられたし
しかも「 パオモー 」ってなんだよ、ぞうさんとうしさんのコラボかよ
とかいう声も聞こえてきたり・・・


ともかく、楽しく宮崎の夜を過ごしたのでありました。



予定通り「食」に尽きた九州の旅。


旅の疲れか、胃の疲れか、年齢によるものなのか
帰りのフェリーでは、ドリフよりも早い夜8時前に就寝いたしました。


次の集まりは、ぜひCAFE´azito で開きたいものです。



CAFE´azito


参加してます ↓ ポチると「 パオモー 」の秘密が明かされます。


にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

広告を非表示にする